当初は日刊の予定が、気まぐれ程度の更新頻度に落ちぶれた駄ブログ。酔っぱらった時にたまに音楽を紹介したりします。「日刊」の冠を外し改名するとともに、ちょっとカッコつけて英語なんか使ってみました。ごめんなさい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

propagandhi200.jpg

Failed States 2012

中毒性:☆☆☆

好きか嫌いかは別として、凄い作品になった彼らの6thとなるアルバム。
エピタフからのリリース。

ここまで初期のカラーとまるで違う方向に進化するバンドも珍しい気がする。
何かもう今や完全にプログレ的なバンドですね。貫禄すら感じる勢い。

今作は前作を凌駕する複雑さとスケールのデカさと言いますか。
演奏力とか流石ですが、単純明快なのが好きな自分の好みからは遠いところに行ってしまった感は否めず。
それ故に星は少なめにしておりますが、前作路線がツボだった方には失禁ものだと思われます。

最高傑作の呼び声も高いですが、あくまで個人的嗜好としては「How To Clean Everything」の頃のキャッチーな感じの方が好み。

決して万人受けのする作品ではないですが、傑作なのは確か。
つうか、タイトルが凄い攻めてるしねw

Failed States (LIVE)

Mixtapes.jpeg
Even On The Worst Nights 2012

中毒性:☆☆☆☆☆

2012年中に聴かなくて後悔したパート2。

何か全てにおいて良過ぎ。

男女ツインVo.って個人的にもの凄く好きなんですが、そんなFatな男とそこそこCuteな女子の奏でる混声スタイル。それが素晴らしくハマってます。

元気で爽快で、甘酸っぱくて、何となく未完成でっていう、惹かれるワードがどれも当てはまる様なサウンドは、ど真ん中ストライクでした。

全16曲というのを感じさせないメリハリのついた展開なのも◎。
何か懐かしくもあり、新鮮でもありな不思議な感動を覚えた。
名盤だと思います。

#10 Anyways

Masked-Intruder.jpeg
Masked Intruder 2012

中毒性:☆☆☆☆☆

FATの新星です。1stです。覆面です。
実は去年のベストに入れ忘れた1枚。

甘いへなちょこVo.が良い味出してます。
SCREECHING WEASELとかWeezerとかChixdiggitとかが引き合いに出される通り、とにかくPOPでキャッチーな良メロ満載です。
コーラスワークとか、何となくINSPECTION 12を彷彿とさせる曲なんかもあったり。
個人的にすごーく好み。

Pop Punk好きからPower Pop好きまで激しくオススメ。



parasites2.jpg
Non-Stop Power Pop Volume 1 2012

中毒性:☆☆☆☆☆

3年振りに出すアルバムがまさかの全曲カバー!
正直自分はZOMBIESくらいしか知ってるのがないんで、新曲のように聴いてしまうのであります。
60’sが中心だから仕方ないのですが。

それにしても、好みど真ん中の超絶キャッチーな曲のオンパレード。
原曲知ってたら楽しさ2倍だろうけど、知らなくても存分に楽しめる作品に仕上げてる辺りは流石です。
モロにParasitesに調理された全14曲。
POP PUNK ,POWER POP界隈の人は聴かなきゃ損な作品なのは間違いない。


badreligion2013.jpg
True North 2013

中毒性:☆☆☆☆

2013年1発目のレビューはこれしかないっす。
PUNK界の重鎮、通算16枚目となる今作もエピタフからのリリース。

16曲から成る今作ですが、殆どの曲が2分前後。
曲数はまるで気にならない、タイトにまとめた印象の一枚。
曲もそうですが、コーラスも幾らかシンプルになった?
#12「Nothing To Dismay」辺りからの怒濤の流れがアツいっす。
哀愁具合は言わずもがな。

Pennywiseなんかもそうですが、流行り廃りに関係なく、何年経ってもブレない筋の通ったバンドって貴重だなーって思う。
そんなファンの期待を裏切らない仕上がり。
大御所の鏡っすね〜。




Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Whim of the drunkard, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。