当初は日刊の予定が、気まぐれ程度の更新頻度に落ちぶれた駄ブログ。酔っぱらった時にたまに音楽を紹介したりします。「日刊」の冠を外し改名するとともに、ちょっとカッコつけて英語なんか使ってみました。ごめんなさい。

Let It Burn
Let It Burn 2000

中毒性:☆☆☆☆☆

スプリットとしてマジで傑作な一枚。

当時イケイケなThe Atarisに対し、無名に近いUseless I.D.っつう。
後者の出来が予想以上に良すぎて「The Ataris食われてる!」って位の話題になってましたが、いやいやどっちもイケてます。
今となっては夢のスプリットです。

どっちも今となっては粗さはありますが、それもまた佳し。

The Atarisは今は見られぬFastな曲中心。
30秒前後の曲4連発からの流れが気持ち良い。
そこからのMotley Crue「On With The Show」のカヴァーは秀逸です。

Useless I.D.はこの頃から完成度高し。
文句のつけどころはなし。
そんな、ザ・90’sメロディックパンクと言わんばかりの出来栄え。
まとまり的なものを考えるならこっちが上。

完全にThe Atarisに勝っちゃってる的な声も納得ですが、あくまで個人的な好みとしてはThe Atarisかなーと。
感覚的なものです。

ブックオフとかで見かけたらとりあえず買いです。
お金なかったら借りてでも買った方がいいです。



スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Whim of the drunkard, All rights reserved.