当初は日刊の予定が、気まぐれ程度の更新頻度に落ちぶれた駄ブログ。酔っぱらった時にたまに音楽を紹介したりします。「日刊」の冠を外し改名するとともに、ちょっとカッコつけて英語なんか使ってみました。ごめんなさい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Radiosurgery.jpg
Radiosurgery 2011
中毒性:☆☆☆☆★

今年2011年はサムやらシマウマやらブリンクやら、90年代後半のPOP PUNKブームを支えたバンドのリリースが目につきますが、その中でも自分はこれを推します。

はじめにまとめを言っちゃいますと、久々の完全なる爽やかPOP PUNKです!
過去に一世を風靡した(?)黄金期のDrive-Thru Recordsを彷彿とさせる仕上がり。

近年の彼らはロックだったりハードコアだったり、色んなとこに手を出し過ぎという印象がありましたが。
そんでもって、どれをやっても及第点クラス。
バシッとハマんない。
正直「つまんねー」という感じがありましたが。

やっぱこの路線が一番ハマってんじゃないでしょうかね。
自分ら世代が聴けばちょっと懐かしい感じがする美メロPOP PUNKっす。
甘酸っぱさは、やはり若かりし頃には劣りますけど、今、この路線に戻してきたってのが素敵です。
最近必ず入っていたスローな曲はございません!
そう、疾走してますよ。

RAMONESの「Blitzkrieg Bop」カバーが思いのほか良かったので、星半分追加。
最近の彼らを敬遠してた方も、ちろっと聴いてみて欲しいかな。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Whim of the drunkard, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。