当初は日刊の予定が、気まぐれ程度の更新頻度に落ちぶれた駄ブログ。酔っぱらった時にたまに音楽を紹介したりします。「日刊」の冠を外し改名するとともに、ちょっとカッコつけて英語なんか使ってみました。ごめんなさい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gimme Gimmes1
Sing In Japanese 2011

中毒性:☆☆☆

オール邦楽っつうことで、他のバンドなら金儲けだろ!って突っ込みたいとこですが、彼らの場合はきっと震災の支援的意味合いがあるんでしょう。間違いなく。
有り難いことです。

という出だしでいくと、否定的なコメントはディ・モールトし辛いんですが、個人的には「やっちまった!」って印象が・・・捻くれてるわけじゃないっすよ、多分。

曲のチョイスはナイスです。
日本のバンドだったら、もうちょい今時なのを放り込んでくるでしょう。
ギミギミズを聴いてると思われる世代が、リアルタイムに聴いてた曲が殆どないのに好感。
好んで聴いてたのはリンダリンダくらいでしょう。

Vo.スパイクもやっぱ歌うめーです。
でも、日本語で歌うってのは、どーなんかと思ってしまいました。
日本語カバーでおなじみのスナッフやジャイガンターとかの方が、日本語の発音はお上手。
これ英語詞に変えてくれてたら、最高にカッコ良かったんじゃないかと思うところが残念。

スコット・マーフィーの邦楽カバーよりは好きです。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Whim of the drunkard, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。