当初は日刊の予定が、気まぐれ程度の更新頻度に落ちぶれた駄ブログ。酔っぱらった時にたまに音楽を紹介したりします。「日刊」の冠を外し改名するとともに、ちょっとカッコつけて英語なんか使ってみました。ごめんなさい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

c46e8fb043574678c617f5b85af58d8c72c82969.jpeg
2011年

今年結構聴いてます。
なんか、さりげなくリリースされて、それ程注目されずに流れた気がするのは自分だけ?
でも、自分が今年聴いた中では最もロックな作品だと思います。

メロディーもさることながら、骨太でゴツゴツとしたサウンドは流石。
ガレージで録ったとかいう話ですが、そんな雰囲気もあるいい仕上がり。
王道のハードロックといったとこです。
彼らの最高傑作は?と言えば『The Colour And The Shape』とか『One By One』とかが多いと思うんですが、自分はその2作品と比較しても引けを取らない名盤だと思っとります。

小細工なしの直球勝負は、やはり聴いてて気持ちが良いっすね。
近年のロックは、ちと今一つ分かりにくくなっていますが、インテリ臭いサウンドじゃあなく、こういうのが良い。

そんなこと言っときながら、自分はFoo fightersにもNirvanaにも、そこまで思い入れはありませんが、最高にアツい作品に仕上がってるのは確か。

アラサーにおすすめ(笑)
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Whim of the drunkard, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。