当初は日刊の予定が、気まぐれ程度の更新頻度に落ちぶれた駄ブログ。酔っぱらった時にたまに音楽を紹介したりします。「日刊」の冠を外し改名するとともに、ちょっとカッコつけて英語なんか使ってみました。ごめんなさい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

s-a-s.jpg
Sticks And Stones 2002

甘酸っぱ度:☆☆☆☆☆
中毒性  :☆☆☆☆
マイレート平均:4.0

青春甘酸っぱ系胸キュンなアレです。
Drive-Thru の全盛と思われる時期であり、当時を代表する音ですね。
洋楽あんまり・・・っつう人でも、するっと聴けるキャッチーさ。
初心者向けというと、あんまり良い響きじゃないっすけど、良い意味でそんな感じ。
うるさいのは好きじゃないって人に聴いて欲しい。

3rdですが、自分にとって初のNFG作品でした。
当時はPunkっつったら、ピストルズとかラモーンズとかグリーンデイとかNOFXくらいしか知らなかった若き日の自分が、これとか NUFAN の Hard Rock Bottom ら辺からどっぷりハマり始めた気がします。
今でこそ音楽レビューのブログやサイトが数多存在してますが、あんまりなかったもんだから、自分で凄い頑張って色々調べてたような。
その前に、当時は家にネットを引いてなかったってのもありますが。

レビューから逸れてしまいましたが、そんな訳で思い出深い一枚。
シンプル故に POP PUNKは飽きやすいっつうのも良く言われますが、やっぱ良盤は時が経っても色褪せないですね。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Whim of the drunkard, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。