当初は日刊の予定が、気まぐれ程度の更新頻度に落ちぶれた駄ブログ。酔っぱらった時にたまに音楽を紹介したりします。「日刊」の冠を外し改名するとともに、ちょっとカッコつけて英語なんか使ってみました。ごめんなさい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Complete Discography 1995年

シンプルさ:☆☆☆☆☆
ジャケのカッコ良さ:☆☆☆☆☆
中毒性:☆☆☆★
マイレート平均:3.7

はい、ランシドからのジャケつながり。

かっけー!
USハードコアの草分け的存在、マイナー・スレット。
結成は確か80年。
活動自体は4年程と比較的短いが、外せないバンドです。

このアルバムは、残された音源をコンプリートしたもの。
アルバム2枚しか出してなかったっぽいしね。
しかも、うち一枚は解散後にリリース。
現在は発売されてないっす。

アツいです!

初っぱなから超ハイテンションです!!
ただただかっこえ~!

この頃のイアン・マッケイはヤバい!

酒・たばこはやらず、
むやみな快楽の為のセックスもしない
そんなようなことを「OUT OF STEP」
の中で唄ってます。
ストレートエッジって考えらしい。

名盤っす。
POP好きは、無理っすね。
あと、綺麗な音とか歌声求めてる人にも
おすすめはできません(笑)



スポンサーサイト



...And Out Come The Wolves 1995年

名盤度:☆☆☆☆☆
ジャケの格好良さ:☆☆☆☆
中毒性:☆☆☆★
マイレート平均:3.9

最高傑作と誉れ高い、3rd。
個人的にも一番好きだ。

好き嫌いが分かれそうな、
この、いかにもって感じのダミ声!
俺は勿論好きですが。
でも、メロディ自体は前作とかに比べれば
聴きやすいっすね。

んで、何といってもベースがかっけー!
1.のベースソロとかヤバいっす。

毎度のことながら、19曲も入って
50分弱!
ナイスです。

MINOR THREATをインスパイアな
ジャケもイイ!

これもPUNK好きにはマストなアルバム。

ティム、やっぱかっけ~な~!

生涯一PUNK!






The Fuse 2005年

不変性:☆☆☆☆☆
攻撃性:☆☆☆☆☆
中毒性:☆☆☆☆
マイレート平均:4.0

結成から17年。エピタフの重鎮の8th。

いや~、相変わらず攻めてますねぇ!
こんだけやってて、姿勢を崩さず、
常に攻撃的なペニーワイズ。
さすがっす。

今作は全体的にアツい!
まさに入魂。
そん中でも特にドラムがイイ!

リリックのアグレッシブさは
ペニワイ史上最強かも。
アメリカ政府とかメディアを
分かりやすく否定してくれてます(笑)

自分、英語わからんので、
もち日本盤買いましたとも。



B000654YNI.09.MZZZZZZZ.jpg

Exile in Oblivion 2004年

ピロピロ度:☆☆☆☆☆
戦闘力  :☆☆☆☆☆
中毒性  :☆☆☆☆☆
マイレート平均:4.3

5th。大好きなバンドの一つっす。

これはやべぇ!
もうね、秒殺されました。
さすがはFatの特攻隊長。

ギターのピロピロ、ザクザク加減が堪らん。
メタリック度合いもバッチシ!

こいつらかなり戦闘力たけぇよ!
スカウター付けてたら、確実に壊れます。 

そんな感じで、ハードでアグレッシブな曲が
以前より多くなりましたが、
POPよりな曲もバランス良く収録されてます!

ジャケを見てると鬱になりそうで、
実際ダークサイドな曲も増えましたが、
聴かなきゃ損なアルバム。

硬派なメタリック!

この言葉に反応した人は、買いです。



B000001BG3.01.MZZZZZZZ.jpg

Big Choice 1995年

ノリノリ度:☆☆☆☆★
疾走感  :☆☆☆☆
中毒性  :☆☆☆☆
マイレート平均:4.1
これは2ndかな?
結成は90年。ベテランです。

いいね~、この軽快さ!
かなりノリノリな名盤です。

音源がなんだかんだで10年以上前のものなので、
音自体は軽いんだけど、かっこいい曲ばっか!
たまに無性に効きたくなる。

なんか、90年代代表って感じで最高です。

かなり聴きやすいんで、
万人に受け入れられるんじゃないでしょーか。

「It's Not Over」「Disconnected」は名曲!
そして、「Bikeage」はDescendentsのカヴァー!

かっけー!





Sun Eats Hours 2005年

直球度:☆☆☆☆★
完成度:☆☆☆☆
中毒性:☆☆☆☆
マイレート平均:4.1

イタリア発!これは4th。

ん~、ファンタジスタ!
基本は直球メロディック。
でもマリーシア的な意表をつく曲もあり、
楽しめる一枚。
イタリアも熱いなぁ!

ナポレオン(仏)のキャノンシュート的な曲も、
カペロマン(ゲームのみ?独)のうねうね曲がる、
サイドワインダー的な曲もどっちもカッケー!

そんでもって、岬太郎(日)ばりの爽やかさも
兼ね備えているような気もする。

はい、今までで一番分かりにくいっすね。

早い話が、かっこいいから聴いとけ!
ってこと。
なかなか飽きない作りになってて
お見事!

今後も要チェックです。

ちなみにキャプ翼では、
松山くんが好きでした。



B00007BH56.01.MZZZZZZZ.jpg

Does This Look Infected? 2002年

急成長度:☆☆☆☆☆
おバカ度:☆☆
中毒性 :☆☆☆☆★
マイレート平均:4.0

さて、紹介するまでもなく
ド・メジャーなアルバム。
それまで醸し出してた、おバカさはどこへやら。
メタル度が増して、大人になった感じ。
賛否両論の嵐が巻き起こりましたが、
小生、マジでツボでした!

前半の流れなんか最高っす。
後半はちょっとクオリティ下がるけど、
全体を通して、すげー聴きやすいアルバム。

恐らくメジャー過ぎて、
食わず嫌いな人も多いんじゃないかと思うけど、
勿体ない!

聴いて嫌いなら仕方ないけど、
一聴の価値ありありだと思います。

どーでもいいけど、Vo.デリックとアヴリル・ラヴィーンて
すげーお似合いだよね。

アヴリル、けっこ好きっす。





Far From Nowhere 2003年

切れ味   :☆☆☆☆☆
ブッ飛ばし度:☆☆☆☆☆
中毒性   :☆☆☆☆
マイレート平均:4.2

5th。
超かっけくなってる!

ギターはザクザク切れ味いいし。
やっぱツインギターはナイス!
しかもメタリックときたら、鼻血もん。

平べったいボーカルの声も、
個人的には◎。
好き嫌い分かれるだろうけどね。

メロディーも良いし、
間違いなくSlick Shoesの最高傑作!

そして、ジャケの色合いがなんか好き。

速くて、程よくハードなのをお探しなら
コレおすすめです。



B00025ETFK.01.MZZZZZZZ.jpg

The Empire Strikes First 2004年

いぶし銀度:☆☆☆☆☆
中毒性  :☆☆☆☆
マイレート平均:3.9

前作で、エピタフ社長ブレットが復帰し、
6人に戻ってから2年半振りの13th。

相変わらず渋いね~!
前作よりも、多少失速した感はあるけど、
メロディーはこっちの方が好み。

おっさん達のコーラス、
痺れます。

瞬殺されるような曲は無かったけど、
6.とか14.とかは、哀愁漂っててヒット!

メロディックパンクのオリジネーターらしい、
期待通りの良盤ですね~。

いぶし銀度は、川相昌弘も納得か。



CDレビューに、マイレートの平均を追加しました。

iTunes、はたまたiPod使ってる人にはおなじみ。
一曲一曲を☆~☆☆☆☆☆で評価できるアレです。
せっかくだから、アルバムごとに平均値だして、
のっけました。

今までのレビューで、恐ろしく分かりづらかった
俺のお気に入り度が、
いくらか分かりやすくなったかと。

ちなみに、
☆    …まず好んで聴かない、いらない、聴いてらんない、飛ばされる曲
☆☆   …あんま好みじゃない、ほとんど聴かない、でも普通には聴ける曲
☆☆☆  …及第点、気分によって変わる、普通に好き、無難、好きだけど飽きる、
      たまに聴きたくなる、良いような気がする曲
☆☆☆☆ …好き、かなり好み、よく聴く、なかなか飽きない曲
☆☆☆☆☆…名曲、昇天、最高、ヤバい、何度も繰り返し聴いてる曲

って感じでつけてます。

まぁ、自己満足っすね。
でも、数字で出してみると面白いかも。



Let's Talk About Feelings 1998年

間違いない度    :☆☆☆☆☆
ジャケのミスドっぽさ:☆☆☆☆☆
中毒性       :☆☆☆☆☆
マイレート平均   :4.3

5th。名盤です。

ジャケットがミスドを彷彿とさせる、
そんな気がするのは私だけでしょうか?
何も言わず、買いましょう。

全曲素晴らしいです!
しかも短っ!
前12曲で30分足らず。
堪りません。
ちょっと物足りない位がいいんです。

なんでだろ。
Vo. Joey の歌い方と声って
すんげ~切ないっつーか哀しいっつーか。
声質だけだと全然そんな感じはしないんだけどね。

最高です。

Lagwagon入門にはコレでしょ!
間違いないです。

ノーエフ好きは、買いましょう。
ノーエフ好きじゃなくても聴きましょう。





Keep Them Confused 2005年

泣きメロ度 :☆☆☆☆☆
疾走感   :☆☆☆★
中毒性   :☆☆☆☆
マイレート平均:3.8

はい、大好きなNUFANの8th。
前作 Hard Rock Bottom から3年は長かった!

路線的には、前作と同じく泣きメロ全快!

ミドルテンポの曲が多くなって、
スピードは抑えめ。

印象としては前々作に近いかな。

個人的には、もうちょいガツンとくる曲が聴きたかった!
んで、もう一個残念だった点は、
女性ボーカルとのデュエット曲がなくなったこと!
良かったのにな~。

でもやっぱメロディーは最高っす。

途中、変な日本語が入ったインストが
ありますが、あれはマジいらねぇ…。
意味分からんし。

一時期、寝るときに聴くアルバムの
定番になってました(笑)

日曜18:30からはサザエさん、
寝る前はKeep Them Confused!



secondshot-2.jpg

One Foot Out The Door 2006年

流行りに乗っちゃった感:☆☆☆☆
疾走感        :☆☆☆
中毒性        :☆☆☆★
マイレート平均:3.7

かなり楽しみにしていた SECONDSHOTの3rd。

ん~、

微妙だ。
リリース前にネット上で視聴し、
若干抱えた不安通りな感じ。

疾走感はダウン。

期待が大きすぎたかな~。
勿論、駄作ではないんだけど、
前作と比べるとかなり流行を追った出来。

スピードが落ちたことから例えるなら、

「父さんを超えてしまった」と勘違いしたトランクス。
戦闘力はあるんだけど…みたいな。

次作は頼んだそ!



本日は珍しくレヴューではなく、
お買い物報告。

いつものごとく何となくHMVへ。

購入リスト
1.NOFX / WOLVES IN WOLVES' CLOTHING
2. PUNCHLINE / 37 Everywhere
3. A WILHELMSCREAM / RUINER
4. Arctic Monkeys / whatever People Say I Am,That's What I'm Not
5. BORIALIS / what you thought you heard

また買っちまったぁ!
でも今回のは外れは無さそうだ。
まだまだ全然聴き込んでないけど、
NOFXはやっぱ最高だ!
変な日本語の台詞入ってるし(笑)

パンチラインは相変わらず爽やか系ですね。


その他はまだ聴いてません。
A WILHELMSCREAMとかは気になってたけど
今まで未聴だったからすげー楽しみ!

今話題のArctic Monkeysも、PUNKではないけど、
視聴した感じ、かなり良さそう。

そして、BORIALIS !
ジャンプ一番 計算さんからのおすすめです。
まだちょっとしか聴いてませんが、
かなりいい感じ!

全て聴き込んでいないので、
後日レヴューします。


酔っぱらってて、文字間違いあるかとおもいますが
宜しくです。

寝ます。



Short Controlled Bursts 2005年

無駄な手数度:☆☆☆☆☆
攻撃性   :☆☆☆☆★
中毒性   :☆☆☆☆
マイレート平均:3.8

ぬわ~!
速ぇぇぇ!特にドラム!!
激しい!
無駄な手数の多さが堪りません。

これは、あの北島康介も納得の
ちょー気持ち良さ。

とにかく速けりゃいいって人には
マストですね。

俺はかなりヒットしました。

日向クンのシュートを顔面で受けてしまった
森崎クンのような衝撃をうけました。


ちょっと意味が違くなるな。怖がってたし。

まぁいいか!とにかく衝撃度はその位。



はい。


「ボールは友達、こわくない!」





One Louder 2005年

シンガロング度:☆☆☆☆★
疾走感    :☆☆☆☆
中毒性    :☆☆☆☆★
マイレート平均:4.2

熱い!熱すぎる、スウェーデン!
国は寒そうだけど。
4thですね。
日本盤はPIZZA OF DEATHから出てます。

ブッ飛ばしてくれるね~。
素直にカッケー!
速くて、メタリックで、ハードなのを
お探し方には激しくオススメです。

ボーカルの声に結構好き嫌いが
分かれると思うんだけど、
こういう男らしいしゃがれ具合は
俺はドつぼです!

伊達英二にハートブレイクショットを
くらってる感じのアルバムです。


はい、解りづらい。

グンナイ






Before Everything and After 2003年

ジャケット狙い過ぎ度:☆☆☆☆☆
色気づいたくさい度 :☆☆☆☆☆
中毒性       :☆☆★
マイレート平均   :3.0

おい!なんだよこのジャケは!
スカシてんじゃねーよ!!
ってまず言いたくなったアルバム。
6thかな?
これは狙いすぎだ…。

んで、音。

見事に落ち着き過ぎ。
こんにゃろぉ!

もっと走れ!
パンクれ!!!

パンクれぇ!!


いや、これが全く知らんバンド
だったら悪くはないんすよ。
聴きやすいし。

ただ…こんな変化はして欲しくなかったぞ。

期待がでかかっただけに、
結構がっかりしたアルバム。

POPなの好きな人にはお薦めします。
確かに良い曲もあります。

でも、あくまで個人的な意見を言わせてもらえば、
俺の中ではヤムチャ的アルバム。






Resolve 2005年

哀愁度 :☆☆☆☆☆
スルメ度:☆☆☆☆☆
中毒性 :☆☆☆☆★
マイレート平均:4.4

ちくしょー!
泣かせるじゃねーか!!!

7枚目となるこのアルバム。

もう初っぱなから、哀愁漂いすぎ。
というのも、去年お亡くなりになった
Lagwagonの初代ドラマー、
Derrickに捧げられた的な作品。

これは…やばい。

あのミスドの箱に描かれてる絵を彷彿とさせる
「LET'S TALK ABOUT FEELINGS」
に肩を並べる名盤!

始まり方もかっこいいが、
閉め方もかっこいい!

捨て曲は見当たらんね。

特に、12.のDays Of Newは良すぎ!
2005年の心のベストソングっすね。

ちくしょー!
泣かせるじゃねーか!!!








Potemkin City Limits 2005年

変化度  :☆☆☆☆
お待たせ度:☆☆☆☆★
中毒性  :☆☆☆
マイレート平均:3.8

前作から4年半振りとなった待望の4thアルバム。

かなりカッコいくなってるし!

1stのPOPさはどこへやら。
1st → 2nd → 3rdと
徐々に激しさを増してきてたけど、
今作もその延長って感じで
さらにハードになってます!

このバンドの歌詞も、メッセージ性が強い。

とは言っても、私にはほとんどわかりません。

でも歌詞の内容をちゃんと把握できたら、
よりカッコ良く聴こえんだろなー。

まぁ、あんま歌詞の内容わかんなくても
十分かっけーっす!
個人的にこの変化は歓迎です。

POPめなのが好きな人は1stを、
ちょっとメタリックでハードなのが
好みならこちらをって感じでしょーか。

俺は、どっちも好きっす!







Broadcast To The World 2006年

シマウマ度:☆☆☆☆
中毒性  :☆☆☆☆
マイレート平均:3.8

前Vo.ジャスティン脱退後、初の作品。
どんな出来になってんのか、
期待と不安が交錯していたが、
はっきり言って違和感ほぼ無し!
新Vo.マッティ、なかなか頑張ってます。

でもやっぱり賛否両論あるみたいっすね~。
まぁ確かにジャスティンのハイトーンは
かなりナイスだったからなぁ。

ただ、相変わらずの陽気なシマウマ節は健在だし、
新Vo.も上手いことフィットしてますね。
前作よりも、POPさがアップした感じかな。
んで、アリのラップの出番も多くなった。
逆に、ギターとかの激しさはダウンですかね。


将軍アナーキー的には、前作「mfzb」の方が好み。


とはいえ、全体的に聴きやすく、楽しめるアルバム!
シマウマはちゃんとシマウマでした。
次作にも期待が持てそう。








Hollywood Potato Chip 2004年

アグレッシブさ:☆☆☆☆★
中毒性    :☆☆☆
マイレート平均:3.5

これは8thアルバムかな?
ベテラン、The Vandals色んな意味で
やってくれました!

これはVandalsん中でも、かなりアグレッシブな
アルバムでしょう。
ただ、アルバムの構成が微妙かな~。
Vandals節炸裂な名曲もちらほらあるだけに
ちょっと残念。
10.とかかなりイイ!

で、このアルバムといえば
2.のクイーンのカヴァーでしょ!
歌ってるのはギターのウォレン。

超かっけー!
超ウケる!
まじ良い出来です。
歌も演奏もかなりハジケてるけど、
テンポ以外は余計な位原曲に忠実にやってます(笑)

しかも普通カヴァーなら
ボーナストラックって感じだけど、
この人たち2曲目にもってきちゃってます。
それも含めて、笑えました。

アルバムとしての出来は個人的には?ですが、
イケてる曲もあるので、聴く価値はあり!





Are a Drag 1999年

銀河系軍団度 :☆☆☆☆☆
カヴァーセンス:☆☆☆☆☆
中毒性    :☆☆☆☆
マイレート平均:4.0

PUNK界の銀河系軍団参上。

ノーエフのFAT MIKEを中心に、
Foo FightersのChris(ギミギミではなぜか
Jake Jacksonって名前。そして彼は元No Use For A Name)、
LagwagonのJoey CapeとDave、
Swingin' UttersのSpikeという、
なんとも卑怯くさいメンツ(笑)

そして、曲はカヴァーオンリー。

良くない訳がない!

ちなみに今作は2nd。

「オズの魔法使い」のOver The Rainbowや
オペラ座の怪人、カーペンターズのRainbow Connection、
さらには「アニー」でおなじみTomorrowなど、
必ず一曲は聴いたことのある曲をパンクテイストに!

しかも、5曲目、Favorite Thingsのイントロは
BAD RELIGIONのパクリ!

や~、選曲もアレンジもセンス良すぎですねぇ。
楽しんでやってるっつーのがすげー伝わってきます。

Vo.Spikeの声、痺れます。
オールディーズにマッチしすぎだし。

一度聴いたら病み付き!







Seven Years Bad Luck 2004年

懐かしの音度:☆☆☆☆☆
疾走感   :☆☆☆☆☆
中毒性   :☆☆☆☆☆
マイレート平均:4.4

ネットやレコード店で、異常なまでに評価の高い
この2ndアルバムですが、過大評価じゃございません!

聴けば昇天必至。

疾走感の塊。
哀愁漂いまくり。
高速ブッ飛ばし!

文句なしの超名盤。

90年代メロディック好き、FAT系好きにはヨダレもんの
内容っすね~。
俺は良すぎて死にかけました。




ちなみに俺の中で、2004年のバロンドールは彼らでした。
そして、これも墓の中にまで持っていきたいリストに
ノミネートされました。


ページ右上にあるALPLAYERのリストに、
このアルバムのt-2「Today」を入れといたので、
未聴の方はお試しを。(強制)





The Swellers 2006年

木暮度   :☆☆☆☆
今後の期待度:☆☆☆☆☆
中毒性   :☆☆☆☆☆
マイレート平均:4.4

一曲目視聴で、クリティカルヒット!
俺、即死気味。

パンクコミュサイト、Purevolume.comで
人気を得ていた平均年齢18歳(17?)のメガネバンド。

失礼、一人眼鏡じゃないです。

いや~、しかし恐るべし!メガ…じゃなくて少年達!
全曲カッ飛ばしてくれてます。これはやべー!
疾走感もアリアリで、完成度高いっす。
直球なメロディックパンク。
最高だわー!

メンバーみんなが子供の頃から楽器やってたらしく、
演奏もしっかりしてるし、メロディがすげーいい!

やるじゃねーか、少年達!!
でも、見た目の冴えなさは、かなりのもんだぞ!

そんな彼らが私は好きです。
頼むから、音の路線も見た目もこのままいってくれ。

ところで、何を見てもこのアルバムのタイトルは
「The Swellers」ってなってるけど、
ジャケの背の部分では「The Sewllers」になってる。

ま、こんなこともあるさ。

何はともあれ、見た目からは想像し難い、
超かっけーアルバムです。

激・おすすめ!

メロディック好きな方、
スクリーモやエモはお腹いっぱいな方、
是非、ご賞味あれ。






Never Trust a Hippy 2006年

太っ腹度:☆☆☆☆☆
いいえ、NOFXはとんでもないものを盗みました…あなたの心です度:☆☆☆☆☆
中毒性 :☆☆☆☆☆
マイレート平均:4.3

あぁ神様、仏様、ノーエフ様。
あんたらやっぱ最高です。

あのーこれって、アルバムWolves In Wolves’Clothing
の先行シングルっすよね?
つーか、
ほとんどミニアルバムじゃねーかょ!

すみませぬ、取り乱しました。

こんなに安くていいの?って感じ。
ただでさえ6曲も入ってんのに、
クオリティ高杉クンです。

FAT MIKE殿、あなたは神です。

1、2曲目以外は、アルバムに入ってない
らしいので、確実に買いです!

3と6カッコ良すぎです!

Jesus Christ!!!!






My Degeneration

ポップ度     :☆☆☆☆
メンバーの冴えなさ:☆☆☆☆☆
中毒性      :☆☆☆☆★
マイレート平均:4.1

2003年リリース。

ちょい懐かし目の明るいサウンドに
ボーカルのダミ声がいい感じでマッチした良盤。
メロディも秀逸。
いいね~。こういうの大好物です。


POPはPOPだが、最近のPOP PUNKとは
違った良さが光る。


SUGARCULTやSUM41らとツアーを共にしたことが
あるらしいが、イマイチ目立たない。
なぜ日の目を見ないのか不思議でならないバンド。
メンバーが地味だからか(笑)

個人的趣味で言わせてもらうと、
SUGARCULTより、こっちの方がよっぽど好きだ!


ジャケ買い大当たりの一例でした。
勿論、中古です。






Reclamation 2006年

瞬殺度:☆☆☆☆☆
中毒性:☆☆☆☆
マイレート平均:4.0

やられたぁ…!

一曲目からブッ飛ばしてくれてます。
前作から5年振りくらい、今年2006年に
やっとこさ新作のリリース。
4thか?ようわからんけど、やっぱイイ!

相変わらず、ファストでメタリックで
ハードで且つメロディック。

さすがの出来。
自分らのことを
『お偉い方、大物=Bigwig』
って名乗るだけあるわ。

Pop-Punkでは物足りなくなってきた人、
とにかく速いのが好きな人は是非お試しを。

個人的には満足な出来!

なんせ瞬殺されましたから。



あべし!











Never Mind the Bollocks Here's The Sex Pistols 1977年

パンク度 :☆☆☆☆☆
アンセム度:☆☆☆☆☆
中毒性  :☆☆☆★
マイレート平均:3.5

もはや説明不要ですね。
一般的にパンクっつったら、ピストルズの名前が一番多く挙がるんではないでしょか。

PUNKムーブメントを世界中に知らしめた問題作。
77年発表、唯一のオリジナルフル。

邦題は「勝手にしやがれ」。
なんかこーいう邦題って、妙にカッコ悪く思えるのは俺だけでしょーか?
でも、英語苦手な人なら邦題の方をお薦めします。
歌詞がすげーから(笑)

ジョニー・ロットンの吐き捨てるようなVo.が最高にカッケー!
ド下手な演奏もナイス。それが逆に熱い!

もうね、最高にシンプル。最高にキャッチー。

最近のバンドの音に慣れてると、スカスカに聴こえると思う。
俺も最初そう思った一人です(笑)

でも、聴けば聴くほど、知れば知るほど
考えが変わること間違いなし!

パンクスには必需品です。

聴けば皆バーサーカー。






Life in General 1996年

爽快度  :☆☆☆☆☆
滋養強壮度:☆☆☆☆★
中毒性  :☆☆☆☆☆
マイレート平均:4.2

意味不明なバンド名「MXPX」は
「Magnified Plaid」の略らしい。更に意味不明(笑)

このアルバムは96年リリースの3rd。
mxpxはこの作品から聴き始めたんですが、
衝撃でした。

緩急を効かせた、覚えやすいメロディーが
マジで爽快!

これは傑作。
そりゃ人気も出るわ。

メロディックパンク入門には
もってこいのアルバムです!


それから、このアルバムを俺に聴かせると
ベホマと同じ効力があります。

いや、ベホイミ位かな。

このレビューを書くにあたって、
今久々に聴いてるんですが、
かなりHP回復しました。


最近疲れ気味の方、一度お試しあれ。





B000BITTQW.01.MZZZZZZZ.jpg

Drink Positive 2006年

今後の期待度    :☆☆☆☆
コストパフォーマンス:☆☆☆☆☆(国内版¥1,365!)
中毒性       :☆☆☆★
マイレート平均   :4.1

LESS THAN JAKEのRogerプロデュースの5人組。
2005年結成ながら、すでにLAGWAGON、NOFX、
BAD RELIGIONら、大御所ともツアーを行ったらしい。
ちなみに初ライブがNOFXのオープニングアクト。
すげー。
何とも豪華な肩書きを持ってるバンド。

音はキャッチーなメロディックパンクで
男女ツインヴォーカルの掛け合い、コーラスが絶妙!
全10曲を突っ走ります。

かなり聴きやすいアルバムで、完成度高し。
ただ、私的には"会心の一撃"的な曲が欲しかった!

ってことで、今後が楽しみなバンドです。
ファストで明るめのバンドを探してる人には、激プッシュ!
つーか、Amazonで1,365円大きく割ってるし。安すぎ。

ちなみにメンバー5人中3人は、
TEEN IDOLSってバンドをやってたらしい。


俺はそのバンド知りませんが、何か(笑)







| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2006 Whim of the drunkard, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。